体毛が黄褐色で短く、尾の先端にはふさ毛があり、オスの成獣には頭部から頸部にかけて鬣(たてがみ)があります。かつてライオンはアフリカとインドからヨーロッパ南部にかけて生息していましたが、各地で絶滅し、現在はインドの北西部のギル森林部とアフリカだけとなってしまいました。

ネコ科の動物は単独で生活しますが、ライオンは唯一プライドと呼ばれる群れを作って草原で生活しており、プライド内の雌ライオンが協力して狩りや子育てを行います。プライドは血縁関係のあるメス多数と、オス1~4頭、その子供たちから成っています。

メス同士が協力して狩りをするので、他の肉食獣の獲物と比べヌーやシマウマなどの大型の草食獣の獲物が多い。食べ方は座り込んで食べます(おおかみは立ったまま食べます。)。昼行性の傾向も持っていますが普通は夕暮れから行動します。通年繁殖で98~120日の妊娠期間を経て1産につき1~6頭の子供を産みます。