Red List VU 危急

ウシ目

ウシ科

バーバリーシープ

Barbary sheep

Ammotragus lervia

アフリカの乾燥した山岳地帯や半砂漠地帯にすみ、アフリカにいる唯一の野生のヒツジです。

発達した上半身と立派な三日月形の角、のどから足にかけての長い房毛が特徴です。角はオスメスともにありますが、オスの方が体も角も大きいです。生息地の岩石に似た茶褐色から淡黄褐色でよく絶壁なども登ります。

昼間は岩陰などで休み、朝方や夕方などの薄明りの時などに草や葉、果実などの植物を食べます。

4~5頭の群れを作り、オスは繁殖をかけて角を突き合わせて戦いますが、傷つけあうほどではありません。

生息地

habitat

アフリカ北部

体重

weight

体長

length of body

体高

withers height

体重

40kg〜140kg

体長

130~180cm

体高

75~110cm

※写真はイメージです。

食べ物

feed

草や葉、果実などの植物