Red List NT 準絶滅危惧種

有尾目

イモリ科

ミナミイボイモリ

Emperor newt

Tylototriton shanjing

青みのある黒または暗灰色の地に黄色のスポット(斑紋)が背に二列不規則に並んでいる。スポットは個体によりオレンジ色のものもいます。ずんぐりとした体に短い四肢。

他のサラマンダーと同じく、捕食者から身を守るため、背中と尾の皮膚にある分泌腺から毒を出します。山地などの湿気の多い落葉樹林にすみ、ほとんどの時間岩や倒木の下や他の動物の掘った巣穴など、地中に潜っており、夜間に餌をとる時だけ地表に出てきます。ミミズ、昆虫、などを食べる。

地域差はありますが、冬から初春にかけ、雨上がりの水たまりや、池や沼の浅い水中の堆積物に卵塊を産みつけるます。1~2か月で孵化し、2~4か月で変態し陸に上がります。

生息地

habitat

南アフリカ共和国西部~ナミビヤ南部

ミナミイボイモリ生息域

全長

full length

全長

12~17cm

※写真はイメージです。

食べ物

feed

ミミズなどの小動物